Skip to content

Monthly Archives: December 2007

Strutsで作るセキュアWebアプリケーション

26-Dec-07

http://www.atmarkit.co.jp/fsecurity/rensai/struts01/struts01.html…

驾车的十个危险瞬间

17-Dec-07

1.在一个三车道的路上,当你从左侧超越前车(位于中间道)回中间车道时,后面有一辆车以更快的速度从右侧超车且稍前于你并入中间车道,如果你只看前面或 后视镜,你的车头就有可能横擦对方的车尾。由于两车超车时的速度都很快,发现时距离太近以至来不及反应。这种剐擦碰的危险及类似情况常发生在多车道的城市 快速路上,车多速度快,很多车来回串道超车。只顾一点,不及其余是容易发生危险的。

麻痹指数:6  危险指数:6

建  议:须眼观六路,耳听八方。对新手则“敌军围困万千重,我自巍然不动”。

2.驾驶室的两个侧柱足以挡住一辆自行车行人。同样,车内中后视镜也会不同程度遮挡右下45度视线。在无红灯的十字路口或人车混杂的闹市区,目标较多 使注意力分散,行人进入视线死角可能不被察觉。如行人与汽车方向平行时这些死角可以保持数秒。这时汽车加速或转弯行人就会突然闪出来导致措手不及。虽然碰 撞不会太严重,但剐了车心痛不说,遇上个难缠的主还是相当麻烦的。

麻痹指数:3  危险指数:3

措  施:速度要慢以便有足够时间四处观察,要以三个死角为重点察看目标,摇头晃脑,东张西望。

3.在较窄的街道(特别是四车道)经过路边停车带时,因为大部分车都贴膜看不清车里的情况,当你经过时要注意右边车里的马大哈们突然开门。这些路基本上都是小街或在小区,出了事可不太好讲理哟。赔个门是小事,把手弄残了可不是闹着玩的!

麻痹指数:4  危险指数:4

措  施:减速,鸣笛,尽可能走路中间。

4.跟车超车是一种常见的现象,一般前车超车从容的时候会走直线并道,这样会有余地挤入两车中间。但当对面来车很快时,前车就会慌忙急拐并道把你晾在 超车道上。这时就会前后左右无路可逃。更危险的是,前车比你大一圈,对面来车看不到你,在前车超车并道时对面来车反而开始加速。这种情况多发生在来往两车 道的乡村公路上。我曾有一次类似体验,最后两辆车在3米左右处刹住,我车司机当即发呆10余秒,幸好没有出事。

麻痹指数:5  危险指数:5

措  施:超车时一定看清来车动向,不要跟大车超车,等大车超车入位后再行动。

5.在乡村路中有时会遇到农民晾麦子以及因修路有短暂的碎沙路面。因为很短很多人会高速通过。这是非常危险的。一般车有紧急情况时,人都会下意识地制 动或避闪,但在这样的路面上车就成了脱缰的野马。会以想不到的姿势,向着想不到的方向冲出去。曾有一个报道,因此路面5天发生3起事故,亡6人。

麻痹指数:3  危险指数:10
6.走了很长的山路,在一段较长,空旷且平直的下坡路时,减档制动,引力和制动力平衡,汽车以稳定的速度向下滑行。这个时候有没有想放松一下,把脚从 制动或油门上拿下来活动活动?最好不要,你的脚失去了参照系,危险在潜滋暗长。如果突然发生情况,还能不能把脚准确地踩在制动上?如果你是新手,不会踩在 油门上吧?

麻痹指数:2  危险指数: 2

忠  告:你的腿和脚虽然有点累,但还是建议他们坚持在战斗岗位上。

7.当你在宽阔平缓的公路上超车正和前车并行时,突然对面一辆车从地下钻了出来! 情况是这样的:这条路两头平直,中间却有一条波谷。如果是一上一下的坡,大多数人会察觉,但这种坡眼睛会被迷惑的!类似因地形引发的事故多出现在山地坡 …

网友将真假华南虎照片事件恶搞成赵本山小品(图)

12-Dec-07

http://news.163.com/07/1106/10/3SK17DAB000120GU.html

真是精髓之作.

正义,良心…..是什么呢?…

ミス発生しやすいのIT用語集

12-Dec-07

レコードの話

最初(先頭、一つ目)のレコード<->最終のレコード

一ページで最大10件レコードまで表示する。 –のを忘れないように

for(i=A;i<B;i++) C(i);

変数iは1ずつAからBまで(Bを含めず)増えていく場合、iをパラメータとしてCメソッドに渡し、Cメソッドの処理を繰り返す

抛出异常B

存在しない時、異常Bを出して、ログを出力する(例外Bを発生させる)

保留2位小数 

数字はすべて右揃えて、小数点以下2桁にする…

いくつかの基準を表す言葉

12-Dec-07

1.以上:ある数量や程度より上
①(数量、段階などの基準を表わす語について)その基準を含んでそれより上ということを示します。
例):「千円以上の品」 (つまり 1000以上 は >=1000 )
②(二つの物事を比較するとき、一方の事柄を表わす語について)他方がそれより程度の著しいことを示します。例):「汽車が走る以上に早い」
2. 以下:(数量、段階などを表わす語に付いて)その基準より下
数量などについては、その基準を含み、優劣の比較などについては、それを含まないことが多いです。数学、法律などでは前者の意に用い、「未満」と区別します。( つまり 1000以下 は =<1000 )
3.未満:ある一定の数に達しないこと。
ある数を境にして、その数を含まずにその数より下、また定数に足りないということを示します。例):「十八歳未満入場禁止」( つまり 1000未満 は <1000 )
4.から~まで:場所や時間などに関して、動作、作用が至り及ぶ限度、到達点を示します。
つまり 10時から16時まで は 10時と16時を両方とも含みます。
5.までに:事態の存在する範囲や実現する期限を表します。…までの間に。
つまり 16時までに送る は 16時の時点を含みません。
6.以降:ある基準になる時から、それよりのち
①ある時点よりこのかた。以来。「終戦以降今日まで」②現時点よりのち。以後。
つまり 16時以降 は 16時の時点を含みません。…